ハイヤーを利用する時の基本的な流れと注意点

役員やVIPの送迎から特別な日の移動まで、ハイヤーはさまざまなシーンに適しています。しかし、利用方法が分からない方も多いのではないでしょうか。少々難しそうなイメージがありますが、実は基本的な流れはシンプルです。

まずは居住する地域にあるハイヤーの会社を探してみましょう。インターネットで検索すれば多数見つかりますので、いくつか候補をピックアップします。料金やサービスなどが異なるため、なるべく数社を選ぶとよいでしょう。何社かを選んだら電話やメール、オンラインのフォームなどから問い合わせをしましょう。分からないことなどは、最初に聞いておくと今後の流れがスムーズにいきます。例えばスポット、1日のみの利用に対応しているか、どのような車種なのかなど、気になることはピックアップして聞いておくことが大切です。問い合わせを行うと日程や用途、要望などについてヒアリングされることもあります。自身の希望を伝え、具体的な金額を見積もってもらいましょう。その後しばらくすると、ハイヤーの会社から指定した方法で見積もりの連絡が入ります。同時に大まかな運行計画やプランを提示してもらえますので、そちらも合わせてチェックしてみましょう。

金額は、ハイヤー会社によって異なります。安いほうがお金を浮かせられますが、金額の安さだけで決めないようにしましょう。あくまで金額は予算内に収まるかの確認のみとし、スタッフの対応や運行プランの内容などを見て決めることをおすすめします。数社から見積もりを出してもらった場合、内容をしっかり見比べて検討します。特にVIPの送迎は今後に影響が及ぶ可能性もあるため、慎重な判断が求められます。

利用するハイヤーの会社を決めたら契約、と考えるでしょうが、その前にもう一段階ステップがあります。定期または長期の使用をする場合、ドライバーとの面接が必要になります。各社が条件に合致したドライバーを用意し、個別に面談する時間を設けてくれます。その際に運転歴や人柄などをチェックし、希望どおりか判断することが重要です。もし合わない、希望する人物と違ったという場合、別のドライバーを紹介してもらうことになります。一方、スポットで利用する時は基本的に面接がありません。ハイヤーの運行計画やプランを聞いたら契約となります。もしドライバーの希望などがある方は、見積もりの段階で相談しておくとよいでしょう。

ドライバーとの面接が終わるか、運行計画をチェックしたら正式な契約へと移ります。代金についてはもちろん、配車の日時や場所に間違いがないか再確認し、問題がなければ承諾しましょう。万が一間違いがあると後々のトラブルの原因となり兼ねません。少しでも疑問に感じたところがあれば、一度会社側に確認してみることをおすすめします。無事契約が終わったら、スポット利用の方は当日を待つのみです。定期長期利用の場合は所定の日にハイヤーの運行が開始しますので、実際に乗車するなどして確かめてみましょう。

料金の支払いについてですが、ハイヤーは基本的に支払いのタイミングはさまざまです。前払い可能なところもありますが、後日払いのところも少なくありません。後払いのケースでは、契約した際の住所に請求書が届きますので、指定された日までに代金を支払いましょう。ハイヤーというと敷居が高いと感じる人も少なくないでしょう。流れはとてもシンプルで、スポット利用なら誰でも気軽に予約することができます。普段と違った特別な日にしたい、相手にサプライズしたいと考えている方は、ぜひハイヤーを検討してみてはいかがでしょうか。運転手がサプライズの手助けをしてくれます。

新着情報

2020年08月03日
ホームページを更新しました。