ハイヤーは外国人客からの需要も高い

経済のグローバル化が進んでいて、海外のお客さんへ向けたビジネスはもはや無視できない存在です。日本では政府を挙げてインバウンドと言って、ここ数年外国人観光客の受け入れに積極的です。また観光以外の部分でもボーダーレス化が進んでいて、外国企業との取引も決して珍しくありません。このような外国人客の交通の足として活用できるのが、ハイヤーサービスです。

ハイヤー会社の中には、英語などの外国語で案内できる乗務員が所属しているところも多いです。例えば外国人観光客が観光スポットを回るにあたって、母国語でいろいろと案内してくれれば、今どういうところをめぐっているのか把握しやすいです。ほぼマンツーマンのサービスと言っていいですから、例えばわからないことやもっと知りたいことも、まわりの人の目を気にせずに、あれこれ質問できます。ハイヤー会社の中には英語だけでなく、フランス語などほかの言語にも対応しているところも見られます。

外国企業のお得意様が来日したので、エスコートをお願いしたいといった時にもハイヤーは活用できます。英語で行先などを説明してもらえるので、クライアントも安心でしょう。ハイヤー会社の中には、高級車をラインナップさせているところも多いです。広々とした車内で、座り心地の良いシートがレイアウトされているので、ラグジュアリーなひと時を過ごせるでしょう。新聞くらいであれば、広げて読めるだけのスペースはあります。ゆったりした状態で移動できれば、飛行機による長旅も疲れも癒せるはずです。

ハイヤー会社では、いろいろな車種を用意していることが多いです。どれくらいの人数が利用するかによって、最適なプランを提案してもらえるところも利用するメリットの一つです。2名から3名のような少人数で利用する場合でも、4名から5名のようなグループで乗車するときでもマッチする車種を用意してくれます。得意先の外国のお客様をVIP待遇でお迎えしたい時には、ハイヤーを活用するといいでしょう。相手の印象も良くなって、ビジネスを有利に進められるかもしれません。

もちろん海外のお客さん以外にも、日本国内のお客さんを対象にしたさまざまなサービスがあります。出張の際の空港までの送迎やゴルフをする場合に車で迎えに来てもらうなど、用途によって活用できるサービスです。ハイヤーは思っているよりも手軽に利用できるサービスなので、導入を検討してみませんか。